ブログ

一霊四魂から知る貴方の個性

一霊四魂とは?

貴方の心の深いところにある意識できる魂のようなものです。

私たちのしこに先立つ意欲や動機は、実は頭で考えだしているのではなく、

思考以前のもっと深いところから湧き出ている欲求に基づいています。

 

その「もっと深いところ」を魂と考えてみてくださいね。

 

ここでいう、魂とはよりよく生きようとする意志であり、

エネルギーも源だと思っていただくのが良いかもしれません。

 

そして、根源的な喜びと意欲を生み出してくれるものです。

その喜びを感じたくて私たちは生きているといえるでしょう。

 

古神道で伝えられている「一霊四魂」

人間の魂には4つの性質がります。

「荒魂(あらみたま」

「幸魂(さちみたま」

「和魂(にぎみたま)」

「奇魂(くしみたま】」

これらを統括するのが「直魂(なおひ)」です。

 

どの魂の性質が強く作用しているかで、人の性質に違いが出てきます。

特に、人間同士の相性やコミュニケーション・ギャップに深く関わってきます。

人によっては4つの性質をバランスよく持っている人もいれば、特定の魂の性質が

突出している人もいます。これは、善し悪しではなく、その人の個性です。

 

魂が未熟なうちは、互いの性質同士で葛藤が生じることがあるでしょう。

しかし、成長し成熟すればするほど、互いに連携しあうようになっていきます。

 

では、それらの性質を見ていきましょう。

 

4つの性質とは?

荒魂(あらみたま)

チャレンジする、冒険する、達成する、成功する、取り仕切る、所有する、

入手する、実現する

リーダーシッを発揮する、起業・創業したり、新しいものをつくり出したり、

改革を成し遂げたり、記録に挑んだりする人は、この荒魂の性質が強いと

いえるでしょう。

 

 

幸魂(さちみたま)

愛する、愛を求める、甘える、絆を求める、心を通わせる、可愛がる、世話をする、

いたわる、思いやる

面倒見がよく愛情深い。人との絆を大切にし、人の心を痛みを深く理解し、

人を助けようとする人は、この幸魂が強いといえるでしょう。

 

 

和魂(にぎみたま)

調和する、場の空気を読む、仲間を求める、話し合う、合意する、連携する、

協力する、平和を求める

全体のことを考え、調和を図り秩序や平和を守ろうとする。

又、争いを無くそうとし、公平さを求め、仲間の和を大切にする人は

この幸魂の性質が強いといえるでしょう。

 

 

奇魂(くしみたま)

真理や美を探究する、工夫する、考察する、観察する、意見を述べる、

筋道を立てる、進歩を求める

「何故?」「どうして?」と問いを発し、もっと深く知りたい、分かりたいという思う。

又、更に工夫をししようとし、あるいは美を探究する人は、この奇魂の性質が強いと

いえるでしょう。

 

如何でしたか?貴方はどの性質が強かったでしょうか?

どの性質も本当に発達させようと思ったら、結局は全ての魂を発達させることになります。

関連記事

PAGE TOP